So-net無料ブログ作成

独自の世界 [読書]

市川拓司の「ぼくが発達障害だからできたこと」を読みました。「いま、会いにゆきます」の映画を観て、すっかり魅了されてしまい、その後、何冊か著作を読んだはず・・・と思っていましたが、このブログのエントリを見返してみると、「いま、会いにゆきます」を読んだだけでしたね(映画の方はいくつか観てましたが・・・)。完全に記憶がねつ造されてました。たまにありますよね、そういうことが。著者独自の世界は、ついて行くのが大変なほど、(いい意味で)ぶっ飛んでいて興味深く読みました。普通と普通じゃないの間に境界線を引くのはやはり難しいですよね。多様性として理解すればいいという考え方に自分としても賛成です。


ぼくが発達障害だからできたこと (朝日新書)

ぼくが発達障害だからできたこと (朝日新書)

  • 作者: 市川拓司
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2016/06/13
  • メディア: 新書

nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る