So-net無料ブログ作成

生みの苦しみ [読書]

内田和成の「スパークする思考」を読みました。右脳か左脳か、アナログかデジタルか・・・。新しいアイデアを出していくためには、右脳をどう活性化させるか、そしてアナログ的な手法をいかにうまくつかうかが大切ということですね。確かに、本やWebから情報を集めて、分類して記録して・・・というところをいくら一生懸命やっても新しいアイデアは生まれにくい、というのはそうかも知れません。さらに、やっぱりアイデアを出すための特効薬というものはなくて、生みの苦しみを味わわないといけないのかも知れないな、と思いました。アナログ的な手法の中で触れられていた、周囲の人と話をするというのはよいかも知れませんね。

スパークする思考  右脳発想の独創力 (角川oneテーマ21)

スパークする思考  右脳発想の独創力 (角川oneテーマ21)

  • 作者: 内田 和成
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/11/10
  • メディア: 新書



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る